後ろ歩きで治る?

MENU

ページ別閲覧数ランキング

rank1.gif あなたのタイプは? ⇒ 『O脚、X脚、OX脚の違いをイラストで解説』
rank1.gif 早く効率的に治したい ⇒ 『裏技で短期間に治す方法』
rank1.gif 元からしっかり治す ⇒ 『エクササイズで骨盤から改善』 

後ろ歩きで治る?

O脚 後ろ歩き

 

実は、O脚は歩くだけでも矯正することができます。
その方法が、「後ろ歩き」です!
歩くだけなら、お金も、準備も要りません。

 

  • 後ろ歩きが、なぜO脚に効果があるのか?
  • 本当に効果のある、正しい後ろ歩きのやり方は?

といった点を、お伝えしていきます。

 

 

後ろ歩きでO脚が治る理由とは?

なぜ、後ろ歩きだけでO脚が矯正できるのか、
不思議に思うことでしょう。

 

それは、後ろ歩きによって、
正しく歩くときに使う筋肉が刺激され、
楽で自然な歩き方になり、
骨盤の歪みが矯正されていくからです。

 

後ろ歩きで刺激される筋肉とは、主に以下の2つです。

 

  • 内転筋(内ももの筋肉)
  • 大臀筋(お尻の筋肉)

 

O脚 後ろ歩き

 

これらの筋肉は、骨盤へとつながって、
骨盤を支えている主な筋肉です。

 

後ろ歩きで大殿筋と内転筋が鍛えられると、
骨盤を正しい位置に支えるための筋肉のバランスが、
正常に保てる
ようになります。

 

また、後ろ歩きで普段使っていない筋肉が刺激されると、
骨盤を支える下半身の左右・前後・上下の筋肉が、
偏りなく鍛えられ、バランスが取れてきます。

 

土台となる下半身のバランスが取れると、
それに伴い、骨盤を取り巻く体幹(胴体)の筋肉にも、
バランス良く刺激が与えられます。

 

下半身には全身の筋肉の7割が集中しているので、
骨盤を支える筋肉をバランス良く鍛えるには、
後ろ歩きが効率的なのです。

 

O脚の人は、骨盤が左右に広がって、
脚の付け根が離れている状態です。
そのせいでバランスの悪い歩き方になり、
筋肉の使い方が偏って、骨盤が歪む・・・
という、悪循環になっています。

 

後ろ歩きで、下半身をバランス良く鍛え、
骨盤を自然な閉じた状態に戻すことで、
脚の付け根からまっすぐになります。

 

軽度のO脚であれば、わざわざ整体に行かなくても、
普段の歩き方に気を付けるだけで、
正しい脚の形へと自然に矯正することができます。

 

 

後ろ歩きの正しいやり方は?

O脚 後ろ歩き

 

後ろ歩きを、ただ漫然とやってみたり、
間違った歩き方をしていると、効果は薄いです。

 

正しい後ろ歩きをするには、
以下のポイントを意識してください!

 

姿勢をまっすぐにする。

片足を後ろに引くときは、進行方向に対しまっすぐに引く。

   (かかとを進行方向にまっすぐ向けるイメージ)

つま先で着地してから、かかとをつける。

 

以上に気を付けながら、
まず1日8歩を、約10秒間に歩くペースで、
挑戦してみてください。

 

時間と歩くスペースが許せば、
10分間続けると、なお効果的です。

 

 

後ろ歩きの注意点

O脚 後ろ歩き

 

後ろ歩きを実践するうえで、2つ注意点があります。

 

定期的に続けること

 

長年定着した悪い歩き方の癖は、
短期間で治るものではありません。

 

後ろ歩きをすぐにやめてしまうと、
また、元のバランスの悪い歩き方に戻ってしまいます。

 

毎日でなくとも、2〜3日に1度でいいので、
定期的に後ろ歩きを実践して、
正しい歩き方(筋肉の使い方)を思い出しましょう。

 

安全な場所でする

 

後ろ歩きをしている間は、
進行方向を目で確認することができず、
不注意に歩いていると事故や怪我の危険があります。

 

人や物にぶつからないか、足元は危なくないか、
ときどき進行方向を振り返って確認しながら、
後ろ歩きをしましょう。



 

 

たった1週間! 自宅にいながら、簡単に足がまっすぐに!

O脚

 

O脚